hanakoのつぶやき 〜私の花巻市〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 今日の花巻 〜クマ出没!!〜

<<   作成日時 : 2012/10/08 22:36   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 8

体育の日の今日は、花巻は雲ひとつない青空でした。

そんな中、朝から慌ただしい市内の様子。

なんと!市内の中心部から遠くない、豊沢川沿いの南川原に

クマが出没したとのこと

友人が見つけて送ってくれた記事がこれです。

 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20121008/k10015585831000.html


アンパンを食べようとしていた所に、後ろからガバッとですから^^;

怖いのなんのって^^;

命に別状は無いとはいえ、本当に怖かったでしょうね〜。

そもそも、この場所は、市内から程遠くない場所で、本来は現れるはずもない

場所なのですが、川伝いに来たのでしょうね〜。

でも、昨夜のNHKのヒグマのテレビを観ていたそうで、咄嗟に川伝いに

逃げたのは良い判断ですね。

クマは冷たい水が怖いのだそうですから^^;


昨日のテレビは、知床のクマが漁師さんと共存しているというお話でした。

なんでも?漁師さんとクマとの距離感というものが決まっているそうで、

クマが間違ってその領域を侵した時に、

”こら!なんで入ってくるんだ?どこにいこうとしてるんだ!!”

と、漁師さんが怒ると、いそいそと退散してゆくクマが可愛かったです。

逃げるからクマが強いんだと知らしめることになるから、逃げないで

向かっていけば良いというようなことを言っていたので、

「ふ〜ん、なるほど!怒れば逃げるんだ(笑)、へ〜、なるほど…。」

などと夫に言ったら、お前はいの一番に食われる、と言われましたが^_^;

クマが里に現れるのは、いろんな原因があるそうです。

どんな理由であれ、人間がそれを招いたのは間違いないようです。



と、今日の花巻の景色や空気感を何枚か載せますね。


クマが出たという場所の近く。知ってか知らずか?親子が遊んでいました。
(見に行った私も私ですが^_^;)

画像


画像


画像



田んぼはこんな様子。今日で大体の稲刈りは終わりのようです。

画像


画像


画像


画像



道端のコスモスが風にゆらゆら揺れて可憐でした。

画像



色づき始めた葉っぱもあります。

画像



暫くぶりに畑を見に行きました。

わ〜!大根がおがってる〜(笑)

画像


春菊やほうれん草、小松菜など、芽が出てかわゆく育ってました。

画像


画像


お!栗が畑に落ちている。

画像



前にも書きましたが、この畑は山の麓、里山と言われる場所にあります。

なので、もちろんこの畑にもクマは来ているそうです^_^;

撮影していると、山の方からスクーターに乗ったおじさん…中学の先輩

でしたが(笑)、クマがここには普通にいるから気をつけろよ!と言って

帰った行きました…って…^_^;あなたはどこから来たの?危ないのは

あなたでしょう〜^_^; ハハ

なので、この栗は、クマにあげることにして、取るのはやめました。。


秋も深まる今朝の気温は10度。

空気が澄んで星がきれいに見えてきます。

今夜の ”りゅう座流星群” を見に近所まで出かけましたが、30分くらい

居て、流れ星をひとつ見ました。

なんでも?一時間に8〜10個見れればいいのだそうですから…良しと

しましょう。。(笑)


今日の終わりの空です。

明日も天気になぁれ!

画像


画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
豊沢川は母なる川 画像は本当にありがたいです 同じ水の流れながら、やはり母なる川はちがうのです ハナコさんの画像でいろんな思い出が脳裏に浮かびます。空も緑も私の中の花巻市です。
京都くろより
2012/10/09 21:41
熊が出るとは驚きです。
山の方から下ってきたとすれば、
(私もいたことのある)
むつみ保育園あたりも通過していったのかな。
こわいですねぇ〜。
じゃじゃじゃ
2012/10/09 22:31
★京都くろさん★
私たちが郷愁を誘われるのは、やはりキレイな空や雲、山や川や田んぼなど故郷の自然の美しさですもんね。
こちらはホントに朝晩寒くて、今日は薄手のお布団を出しましたよ。
寒くなってゆくと寒さもまた思い出深いものとして思い出されるのでしょうね。
折々の季節感、また伝えてゆきますからね。。

コメントありがとうございました<(_ _)>
hanako
2012/10/09 22:50
★じゃじゃじゃさん★
クマね、来るんですよ〜。
毎年、豊沢川沿いでクマが出たと注意を呼びかける防犯パトロール車が巡回します。
むつみ保育園やみなみ幼稚園前をのっそのっそと歩いているのかもしれませんね^^;
今ニュースで見掛ける、都会に出没するクマも、川伝いに来るそうですから要注意ですよね。

なんでもクマのDNAも変わってきたらしく、人馴れしたクマに進化しているのだそうですよ^^;里山が無くなったのも原因の一つのようですし春先の山菜が採れなかったとか酷暑の為に木の実が乏しいとか…こちらも怖いけど、クマにとっても踏んだり蹴ったりですよね^^;

コメントありがとうございました<(_ _)>
hanako
2012/10/09 23:06
 熊が、人里に出現するニュースが多くなりました。
私がナメトコ山に住んでいたころは、小十郎に敬意を表して人の住む里には出て行かない様にしていました、また遭遇しそうになった時は避ける様にしていました。

 熊と人間の遭遇は、山里の豊沢でも滅多にありませんでした。

 しかし、まだ人が住んでいた昭和36年(秋田国体)、2年半ぶりに訪れた時は、車社会もまだであり、故郷はまだ昔のままの部分が有りました。

 しかし、岩手国体(年、忘記)の時に訪れてみて、無人の里となった、ダムサイトには、弁当の残骸、ポリ袋ゴミだたけ、学校の跡(野外活動センターが有った所)もゴミだらけでした。

 小十郎はいなくなり、残飯はイッパイ(車社会で、かつ道路がよくなり)熊はダンダン人間に敬意と怖れを持たなくなりました。(私の告白・・)小十郎は熊にやられたしまいしたが、普通は狐ケンのように熊は猟師にかなわなかったのです。

 実在した(小十郎のモデルと言われている・・)も熊には負けませんでした。(銃が不発でも何とかしとめた これはそのご子息の体験談・・)

 「相克の森」(熊谷達也)参考になります。
kuma
2012/10/10 17:45
★kumaさん★
人を怖いと思わなくなったクマ…いったい何が起こっているのでしょう?

先日、チョコレートの原料であるカカオを採取するのは、途上国の子供たちだということ、それは何もカカオだけではなくコーヒー・綿花・バナナ・コショーなど、金や宝石の採掘場にも起きている現実で、需要に対しての供給などというものを超えた世界経済の矛盾について目にすることがありました。
チョコレートを食べる小さな手と、カカオを採取する同じ小さな手。
それは私一人がチョコレートを食べないからどうという次元を遥かに超えた問題で、このグレイゾーンの矛盾をどういうふうに捉えたらいいのか考えてしましました。

クマや、今繁殖が著しい鹿についても同じ様に感じています。だからといって、何が出来るわけでは無いのですが、自分の在り方を…考えます。

『相克の森』、早速アマゾンに頼みました。教えて頂き、ありがとうございました<(_ _)>
hanako
2012/10/10 20:54
熊、気を付けて下さいよ。
こちら京都市内の山でも出没しているみたいです。

畑はいいですね。
こんなきれいな場所で畑が
出来るなんて羨ましいなぁ。

諸星わたる
2012/10/15 00:30
★諸星わたるさん★
クマね、そうそう遭遇することは無いとは思いますが、会うとやはり心臓バクバクで自分の無力さを感じるので(以前感じました^^;)気を付けます。

というか、京都にもイノシシではなくクマが出たのですか?元々居るのですか?最近は鹿の繁殖も凄いらしく、自然保護ひとつとっても本当に難しい問題なんだなぁと思っています。

畑は土も良いらしく、手放せないのだそうです。お蔭で私も畑作りの真似事が出来るので、親にも感謝かな(笑)。

コメントありがとうございました(*^_^*)
hanako
2012/10/17 08:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
今日の花巻 〜クマ出没!!〜 hanakoのつぶやき 〜私の花巻市〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる