総合花巻病院 ~婦人科医師 齋藤さやか先生という人~

以前、Sobe's cafe(ソーベーズカフェ)で行われた”冷えとり講習会”の

講師をして下さったのが、【総合花巻病院 婦人科】の医師である

齋藤さやか先生で、冷えを取る事で病気が根本から治るということを

推奨し、それを治療法として取り入れているのだと聞き、

そして何より女性だというのは、婦人科を診ていただく身としては

何ものにも変えがたいと思い、婦人科検診に行ってきた。↓

画像




受付を済ませ診察室の前で待っていると、湯たんぽを渡され、

早速、『冷え取り』の治療が始まった(笑)。

婦人科検診をした人ならわかると思うが、検診時にはやはりスカートを

履いてゆくのが望ましいと思い、暑かったこともあり短いスカートに素足と

冷え取りとは最も遠い状態で受診したものだから(^_^;)、足元を温めるよう

2つも湯たんぽを渡された(^_^;)。。



そもそも、ここで言う『冷え取り』とはどんなことかというと、身体の「冷え」と

病気は切っても切れない関係にあるのだそうで、逆に温める事で、血行と

気の流れが良くなり、自然治癒力が高まり、元気になるというもので、

近年これは常識として受け入れられてはきたが(私も試した事が

あるが)、半身浴をしたり白湯を飲めば良いとかしょうが紅茶が良いとか、

ホッカイロをお腹に貼れば良いとかなんとか、ちまたで話題に

なっている部分的な『冷え取り』では、効果が充分でないということを

齋藤さやか先生は言っている。

これは、進藤義晴先生の提唱する『冷え取り』を、齋藤さやか先生も

治療に取り入れ推奨しているものだそう。

詳しくは、進藤先生の著書である、

    『万病を治す冷え取り健康法』

    『病気にならない冷え取り健康法』

を、ご参考下さいませ。。



診察の結果は、、、hanakoさん、かなり冷えてますよ。。

なんでも?冷えの為に、なんとかという部分が硬くなっていて、帝王切開の

痕も治っていないし内臓も下がってきているとか…

いやはや、、、(^_^;)くじけました。。



ということで、私の『冷え取り』の始まり始まり~なのでした(笑)。

『冷え取り』をすると身体だけでなく心も温まるのだそうで、

運気もアップするというから

う~ん、やらない手は無い(笑)。。

次回は、その冷え取りに付いてもう少し書いてゆきます。

冷え取りグッズを販売している良いお店があるんですよ~

興味のある方は、ぜひご参考下さいね。。



ポチっと押していただければ嬉しいです(*^_^*)

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 花巻情報へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

はなこ
2014年03月08日 11:29
斎藤さやか、本当に最悪ですよ!!超性格悪い女。産婦人科医とは思えない冷やかな言葉ばかり、浴びせられました。もう絶対会いたくありません。お腹の中をごみ扱い・・赤ちゃんがいるのに・・・今でも苦い思い出です。
hanako
2014年03月09日 11:22
はなこさん、こんにちは♪

はなこさん、はじめまして。
同じ名前ですね

さやか先生に、嫌な思い出があるのですね。
妊娠中だったからきっとすごく傷付いたのでしょうね。。今そのお子さんは元気に暮らしていらっしゃいますか?きっと元気なのでしょうね
それならば、その感情を手元に置くのはそろそろやめませんか。。

さやか先生は、志を高く持って必死にたくさんの方々を救っています。先生も必死なのです。。
先生の性格上?遠まわしにとかやんわりとかいうことが出来ないだけで(笑)、それもきっと今はその頃からはまた変わっているはずです。

私も実は、すんごくキツイことを言われて傷付きました。でもそれをきっかけに、私は自分がどうして傷付いたか考えました。そしたら、先生の言っていることが、その奥にある意味がわかりました。
先生は、自分をもっと大事にしなさいと言っているのです。その為に必要なツールとして、冷え取りを提唱しているのだと思います。

はなこさんが、時間が経ってもさやか先生の記事に目を通して、こうしてコメントなさる位の想いがあるということ、それを自分の中に持ち続けることは、とても悲しいことなのだと。。もう手放しませんか。。。
はなこさんはきっと立派にお子さんを育てていらっしゃるのでしょうから、それで良いのです^^
毎日、ママ、ご苦労様です

コメントありがとうございましたm(__)m

この記事へのトラックバック