丹内山神社 その2 ~巨岩のありえない隙間~

友人から紹介されたブログを見て、いつかは行ってみたいと思っていた

”丹内山神社” に、ママ友のKちゃんと行ってきました。



ちなみに、紹介を受けたブログは、花巻では有名な美人社長、

sobe's cafe の畠山さゆりさんのブログでした。

  http://bizun.jugem.jp/?eid=228



以前、この記事を読んだことがありましたが、なぜかその時は

場所もわからないのでいつかは行ってみたいな、くらいにしか思って

いなかったのですが、「むむむ行きたい!」との衝動と、

Kちゃんと約束していた東和町行きの日にちが近かったので、

Kちゃんを誘って行ってきました。



にわか調べの、”丹内山七不思議”と”アラハバキ”だけはきちんと

見て来ようと決め、静かな田園風景と秋空を眺めながら向かいました。

”丹内山七不思議” については前記事で書きましたが、

 http://hanako725.at.webry.info/201210/article_1.html

今日は”アラハバキ” と言われる巨石で、日本屈指のパワースポットで

あると言われる場所について書いてみます。



神社自体は山の上にあるのですが、目の前に駐車場とトイレが完備されて

いるのでそこに駐車し、七不思議を眺めながら境内をゆっくり進んでいくと、

本殿の真裏、ちょうど手を合わせると、ご神体である ”アラハバキ” にも

合わせることになる場所にそこはあります。

本殿脇を通って沢の水音を聞きながら登ってゆきました。

画像


画像


画像




”アラハバキ” について、東和町観光協会の説明看板がありましたので

参考までに書き添えます。


千三百年以前から当神社の霊域の御神体として古から大切に祀られている。

地域の信仰の地として栄えた当社は、坂上田村麿、藤原一族、物部氏、

安俵小原氏、南部藩主等の崇敬が厚く領域の中心的祈願所であった。

安産、受験、就職、家内安全、 交通安全、商売繁盛の他、壁面に触れぬよう

潜り抜けると大願成就がなされ、又触れた場合でも合格が叶えられると

伝えられている巨岩である   東和町観光協会




巨岩の隙間を通れる?…どれどれ…え??ここ??

無理でしょ~^^; が私の感想でした(笑)、が、Kちゃんは入って行きました^^;

でも…小柄なKちゃんはスッポリ?入れて、もしかしたら?真剣に決意すれば

通り抜け出来るのかも?と思わせるものでした…………^^;…………

私と言えば…おなかとせなかとおっぱいの…(ぜんぶや~)でっぱりで…

どの角度でも完全に!絶対!と断言できるほど無理でした^^;

画像




驚いたのは、その巨岩の大きさだけでなく、なんと!その巨岩の上に木が

生えていたことでした

画像



角度を変えて~

画像



巨岩の周りをぐるりと周り、そこで結局2時間余りを蚊に刺されながらも

過ごしました(笑)。

Kちゃんは、とても疲れていたらしく、前日、この先どう生きていったらいいか

わからなくなっていたと言いました。

だんな様との不仲や仕事での疲れでくたくただったと言いました。

そして、私は呼ばれたのかも?とも言っていたので、

 私  「うんうん、私が連れてきたんだよ」

 Kちゃん 「私が車で連れてきたんだけどね」

ハハハ(笑 (^^ゞ)



ここの神社は、瀬織津姫が関係していると、さゆりさんのブログにも書いていたし、

だとすると、瀬織津姫は傷付いた女性を助けてくれるはずだから、きっと

Kちゃんも呼ばれたのかも…と思いながら視線を逸らすと…

遠野の瀬織津姫に関係する神社すべてにあったご神木と同じものがありました。

あ…やっぱり…。

画像




私はスピリチュアル大好きですが、まったくもって、なんに~も感じません(笑)。

(巨石の上に居るときはパワーが強かったのかな?頭痛がしましたが(^^ゞ )

よって、パワースポットと言われてもどこにパワーがあるのかわかりません(笑)。

でも、感覚として、あそこの神社全体、とても好きな場所になりました。

もちろん空気感も違いますよ。



歴史の深さに思いを馳せるのも良し。

鎮守の森に抱かれている感を楽しむのも良し。

巨岩のパワーを感じるのも良し。



いろ~んな楽しみ方が出来そうですよ、オススメです

"丹内山神社 その2 ~巨岩のありえない隙間~" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント